ヒカリ雑貨店!

オーハシトンビが趣味で書いてるブログです。特撮、アニメ、服、おもちゃ、本など紹介していきます。

仮面ライダーゼロワン 第一話 感想

こんにちは、オーハシトンビです。

 

ゼロワン、始まりましたね。

令和の

令→0

和→one→1

 

で、ゼロワンなんでしょうね。

黄色がメインカラーのデザイン。

平成ライダーは赤い主人公が多かったですが、いきなり黄色です。

新しい風を吹かせてくれそうで良いですね。

基本形態はバッタモチーフということで、原点回帰でもありますね。

 

第一話は、主人公がベルトを手に入れて初変身から初戦闘という内容でした。

一度は変身者になるのを断ったものの、人助けのために変身を決意する。

王道の主人公らしいですね。

性格も明るくポジティブで新時代の一号にピッタリだと思いました。

 

個人的に第一話のMVPは、なかやまきんに君だと思います。

まさかの最初の敵にされてしまうというオチでしたが、是非とも復活して欲しいと思います。

 

物語の導入として、良い一話だったと思います。

それでは、バイバイ!

 

 

 

 

感想 ジオウ 最終回

こんばんは。

 

 

いやー、終わりましたね。

と、言いたいところですが。

 

 

平成終わってないじゃん!!

最後2018年に戻った!

 

これで良かったの?という終わり方だなと感じました。

 

俳優陣が魂込めてるのは伝わりました。

高岩さん最後の主役ライダーキック。

本当にみなさんお疲れ様でした。

 

ただ、お話方面もう少し頑張って欲しかったなー!

東映のサイトで白倉Pが「尺が足りないのでかなりカットしてます。伏線も回収しません」と言ってましたが。もはやどの伏線のことなのかわかりません。

結局オーマジオウも何が最低最悪なのかよくわかりませんでした。

レジスタンスがちょっかい出してくるから仕方なく追い払っているようなイメージでしたね。普通の人間なんて一瞬で消せるでしょうし。

オーマジオウについてのエピソードは小説あたりでがっつり説明してほしいですね。

ゴーストの小説がまさにそれで、世界観やら設定やら分厚い小説で解説してくれていました。

 

ソウゴもなろうと思えばオーマジオウになれるんだなーと。今までならなかっただけでなる準備はできてたのかな?

仲間を失って怒りに支配された結果がオーマジオウなのか…。

自分的に思ったのが、クウガに置き換えると

 

オーマジオウ=黒目アルティメット

 

オーマフォーム=赤目アルティメット

 

といったところでしょうか。

 

映画は本当にハッピーな終わり方で、宣伝で『本当の最終回』と銘打ってるだけあるなと思いました。

テレビ版では時計の針は前にしか進まないと言いつつ時間を戻すという。

Vシネクストは最終回の続きのようですね。

何度かオーマジオウになる結末を迎えつつ、やっとオーマジオウになるのを回避した姿がオーマフォームなのかなと私としては思いました。

 

最終回で一番好きなシーンは世界の崩壊を眺める士と海東の後ろ姿でした。

この二人の旅は続くんだと。浪漫のようなものを感じました。

 

 

最終回、クウガキャストから誰かくるんじゃないかと密かに期待してましたが、そんなことはなかったですね!

自分の妄想としては、偶然入った喫茶店

ポレポレの店長代理(オダギリジョー)がそれっぽい意味ありげな言葉(笑)をソウゴ達へ贈るのを期待してました。

五代雄介ではなく、ポレポレの店員役で出てくれたらクウガファンの夢も崩さない形で良かったのではないかと!勝手に思ってます。

 

店員/オダギリジョー(友情出演)

てなイメージです。

 

それともう一つ期待してたことがあります。

スウォルツがディケイドに

「お前は何なんだ!!」

と言ってくれるんじゃないかと。

それから例のBGMですよ。

 

結局どちらも叶いませんでした。

 

スウォルツもVシネ出演するみたいですね。良かった!濃いめの演技を楽しみにしてます。

 

ゼロワンそして、冬映画も楽しみですね。

一年間ありがとうジオウ!!

 

バイバイ!

 

感想 ジオウ 第四十八話

こんばんは!

 

ジオウもラスト二話ですね。

 

チェイス

先週に引き続きチェイスが出てましたが…正直この明らかに尺が足らなそうな終盤にチェイス復活を入れる必要があったのかなと思ってしまいます。

批判気味で申し訳無いんですが、せっかく仮面ライダーブレンもあって、映画にマッハが出て、チェイス復活もかなり匂わせてたと思うんですよね。

だからこそ、次のドライブの番外編があればそこでの満を持して復活させるべきだったんじゃないかと。

仮面ライダーブレンのネット配信で新たな可能性を期待していただけに、これで一区切りなの?と。

ジオウで中途半端に敵として復活させて中途半端に記憶取り戻して消滅って、なんというか勿体ないなぁと。剛が知ったらどう思うかって話です。

今後もしかしたら救済があるかも知れないので、そこに期待を込めます。

 

◆ソウゴとおじさんの関係

ついにソウゴが仮面ライダーであることを明かしましたね。

今まで家にライドウォッチあったり、急に変わった格好の友達を連れてきたりで、おじさんも何か気付くところはあったと思います。

それらについて追求も否定もせずに全部受け入れてたおじさんの器の大きさは見習いたいですね。ソウゴへの信頼でしょうね。

まあ自分は絶対色々追求してしまいますが。笑

少しでも見習いたいと思います。

 

仮面ライダーツクヨミ

ここで変身すんのかい!ってツッコミますよね。

ツクヨミウォッチはプレバンだろうなとか思っちゃう自分が嫌でした。笑

 

微妙なネタバレというか公式サイトの予告に普通に書いてるんですが…ツクヨミ来週裏切るらしいです。

さすがに公式サイトで言うってことは裏切るフリなんだろうなとは思いますが。

最終回で本当にヒロインが裏切ったら顰蹙ものですよね。

 

 

 

 

◆次回予告

最終回の予告にしてはとっ散らかり過ぎでした。

情報量多い中、私が一番気になった点があります。

 

仮面ライダーエボル。

 

 

予告の怪人軍団の中にいるんですよ。

エボルって再生怪人じゃないです。

まだ存命だし、簡単にやられないでしょ!というか、やられないでほしい。

金尾哲夫さんボイスが聞けたら嬉しいですね。

 

最終回、気になるー!

バイバイ!

 

 

 

 

 

 

 

感想 ジオウ 第四十七話

ついにディケイドがジオウにも変身できるようになってしまった!

 

おのれ、ディケイドー!!!!

 

こんにちは!

 

今日のディケイドの感想です!

違った!

ジオウなんですがもはやディケイドに乗っ取られそうな勢いですね。

 

 

 

士と海東が揃うのはディケイドファンにはたまりませんね。はい。

戦闘BGMもしっかりディケイドでしたし。

 

ジオウも今日を入れて残り三話。

本当に終わってしまうのかという寂しさがあります。

 

ジオウの物語を締めくくるのにツクヨミがキーパーソンのようですね。

士が何かを知っているようで。

 

ラストの再生怪人大発生や平成ライダー観光スポット大集合はディケイド第一話のオマージュを思い出しました。

それぞれのバラエティが二十作分に増えてるとこがポイントですね。

 

 

チェイス、今回はあまり出番がありませんでしたが次回は味方になってくれるのかな?

 

そう、今回も予告が気になるんですよ!

ソウゴがここにきてようやくおじさんに仮面ライダーであることを明かすみたいですね!

個人的が仮面ライダーって正体隠してるということにロマンがあると思うので、このシーンは期待大です。

ソウゴからおじさんへの信頼も感じられて予告でウルッときてしまいました。

最終回直前でディケイドとディエンドの共闘も見られそうでワクワクします。

 

それでは、バイバイ!

 

 

感想 ジオウ 第四十六話

こんにちは!

 

エターナル編、終わりましたね。

海辺の風車をバックにゆっくり歩いてくるエターナルが今回最も印象に残りました。

絵になるなぁ。

 

 

白ウォズも味方になったけど一話退場。

オーラもあれで終わり?って思う退場でした。

 

★エターナル

戦闘シーンにさらっとWのオリジナルBGMが使用されてましたね。

曲名忘れましたが、W見てた人は懐かしかったんじゃないでしょうか。

今回のエターナルは憎しみや野望で戦ってるんじゃなくて、仕事として戦ってるようでしたね。割り切ってるというか。

Wに負けたのではなく、たまたま風が吹いただけ、というのは面白かったですね。

確かにその通り。笑

あの風がなかったら勝ってそうでしたもんね。

最近エターナル関連の映画とVシネマ見直したんですが、エターナルやっぱ強いですね。

ユートピアドーパントも倒してました。

大道克己って中二病的な発言が多いなぁ、とも思うんですが、実際あの人って中身は中学生から高校生くらいなんですよね。

そんくらいの時に事故死してNEVERになったと。

見た目が大人なのは人工的に細胞を増やしてるからなんです。

中身は未成年の子供なんです。

 

ラストにサムズアップする大道克己。

あのシーンで色々な呪縛から解放されたようにも見えました。

 

 

★アクア

アナザーディケイドの回し蹴りを受けて変身解除…ん!?死んだの!?

放送後に東映のジオウ公式サイト見たら

死んでしまったようです…。

そんなことある!?

未来から来たレジェンドライダーなのに!

 

 

★次回予告

まさかのチェイスですね。

恐らくスウォルツ経由だと思うのでドライブ本編とは別人なんでしょうね。

二週出演してくれるんでしょうか。

このままあっさり復活は…ない気がしますね。

士がボロボロになって倒れるシーンもありました。

最終回付近なのに情報量多いですね!!

去年のビルドもそうでしたが、一週間待つのが長い!!

もう!早く続き見たい!!

 

スウォルツが色々なダークライダー呼び出してますが、個人的にエボルトとか呼んで欲しいなと思います。大好きなんですよ。

エボルなら変身解除しなくても違和感ないですし。ただ、スウォルツの言うこと絶対聞かないだろうなとは思います。

だから呼ばないのか。笑

 

来週も楽しみです。

 

バイバイ!!

 

 

 

感想 ジオウ 第四十五話

こんばんは!

ジオウ、テレビ本編もいよいよ佳境。

残すところ、あと1カ月となりました。

 

45話!なんといってもエターナルですね!

SOPHIA松岡充氏演じる大道克己!

なんというか…10年ほど経過してるのに変わらずかっこいいなぁと。

あのかっこよさはずるいなと。

最近はバラエティー番組で俳句の才能を開花させてマルチに活躍されてますね。

何気に仮面ライダー役もエターナルと4号で二人分演じられてます。

 

ミュージシャンだけあって、ライダーの曲もめっちゃ歌ってくれてますよね。

Wで二曲。

ドライブで三曲。

個人的にサプーラーイズ!とデスティネーションターイム!のイメージが強いですね。笑

全曲大好きです。

 

スウォルツに呼び出されたとき、「またか」と言ってたのが引っかかったんですが、以前も呼び出されたことがあったんでしょうか?

士はエターナルがWに勝った世界から呼び出したんだろうと言ってましたが、その辺り掘り下げてもらえるとファンとしては楽しみが増えますね!

 

エターナルってカッコイイですよね。

悪役ライダーやダークライダーは数多くいますが、自分の中で飛び抜けて強烈な印象を残してるのがエターナルと王蛇です。

悪のカリスマというか、圧倒的な強さとブレない悪役らしさが好きですね。

昭和で言うとシャドームーンくらい好きですね。シャドームーンが仮面ライダーかと言うと論争が起きそうなのでこの話はやめときましょう。笑

名悪役ですね!うん。

 

また、今回はエターナル対アクアという、夢の対戦カードが見られました。

ジオウじゃないと絶対ありえない組み合わせですよね!

Wの過去の強敵ライダーとオーズの未来のライダーですからね。どちらも劇場版ライダー、本当に夢の対決です。

戦闘経験的にエターナルの圧勝だろうと思いきや、アクアが善戦してましたね。

こういうのもっと見たかったなー!

 

 

あとはウール君が…うん。

いい子だったのに…。

オーラってキカイ編のときもウールをアナザーキカイにして手下にしようとしてましたもんね。

裏切るような気はしてました。

 

ソウゴが珍しく本気で怒ってましたね。

あのシーン、クウガのジャラジ編を思い出しました。

グッとくる演技でした。

 

アナザードライブがさらっとアナザートライドロン呼んでましたね。

本家にスクラップにされてましたが。

 

次回は白ウォズ復活!

ビヨンドライバーも新規で持ってましたね!

来週もエターナルとアクア続投!

これほんとに収拾つくのかなと思いますね。

楽しみです。

 

バイバイ!

 

 

 

感想 劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer

映画観てきました!!

 

とりあえず公開日前日からはネット見ませんでしたね!

見ない方がいいんじゃないかと。

総評として、私は映画として楽しめました。もう一回じっくり観たいなという気持ちもあります。

ジオウを追ってきた人なら是非、ジオウ本編知らない人だとなんのこっちゃというような映画です。

 

パンフレットも買いました。

DVD付きの方ですね。

少し高いやつです。

DVDの内容は映画の制作発表ですね。

ジオウとリュウソウそれぞれ入ってます。

あとは予告など。

30分くらいですね。

正直何度も見るような内容でもないかなーと思いますので、通常版のパンフレットでも全然良いかと思います。

 

では、感想を。

最初に言っておく!俺は…

間違った。

最初に言っておきますが、ここから先は映画観た人だけ読んでください。

ネタバレ嫌な人はやめといてくださいね。

以下、感想。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★サプライズ要素

一番印象に残ったのはこれですね。前回の映画で佐藤健君がシークレットゲストとして出てたので、今回も何かしらあるんじゃないかと思いましたが。

ドライブのストーリー→マッハも出る→つまり…シークレットキャストは…というのはミスリードですね。

シークレットキャスト。

それは。

 

 

木梨猛。

 

 

誰?

 

 

と思う人も多いでしょう。

それこそ平成生まれの人は知らないかもしれません。

仮面ライダー…ではなく、仮面ノリダーです。

木梨憲武さん演じる木梨猛。

初代仮面ライダーのオマージュ作品です。

それもかなり気合の入ったオマージュ作品です。

とんねるずの番組ですね。

 

ソウゴが囚われた牢屋で

「ぶっとばすぞぉ」

と聞こえたときは

「は?」

と一瞬空耳かと思いました。

 

木梨猛登場で映画館ざわめきましたね。笑

ちびっ子置いてけぼり。

 

仮面ライダーに認められなかったからずっと牢屋にいたらしいです。笑

東映に怒られてDVDなどソフトが発売されなかったというのは本当なんでしょうか。笑

そんな木梨猛がソウゴを叱咤激励するというのはある意味アツいなと思いました。

 

他には映画終盤によくある大乱闘のシーンに意外なライダーがいっぱい出てきます。

 

仮面ライダーG

SMAPスペシャル番組で稲垣吾郎さんが演じた仮面ライダーです。

その時以来おそらく二度目の登場です。

ワインで変身します。

変身後のみ映画に出ます。

 

舞台版斬月

 

漫画版クウガ

 

ブレン

 

 

いっぱい出てきます。

説明は省きます。

是非ご自分の目で見てみてくださいね。

 

 

★クオーツァー

バールクス

ゾンジス

ザモナス

 

それぞれ元ネタのライダーのオマージュ要素が見られて良かったです。

特にバールクスなんて普通に「リボルケイン!」って言ってましたね。

 

クオーツァーは平成をやり直そうと企む組織らしいです。

 

バールクスはともかく、他二人は強敵感あるのに終盤バタバタ片付けられちゃったのが残念でしたね。

せっかく三人いるんだから、ジオウの三人ライダーとそれぞれライバル的に戦ってくれるのを予想してたんですが。

あっさりやられちゃったイメージです。

勿体ない!

 

 

★ジオウの最終回

テレビ本編とは別の話なのか、テレビの最終回の後なのかはわかりませんが、ジオウの最終回として見たら本当に良い最終回だったと思います。

ソウゴ、ゲイツツクヨミ、ウォズの関係性の終着点と言える内容でした。

最初はギクシャクしてた四人が最後にかけがえのない仲間になれたと思うと込み上げるものがあります。

ジオウを一年追いかけてきた方には見てほしいですね。

あとウォズが目立ってましたね。

ちょいちょい視聴者に語りかけてくるし。

こっち見んな状態です。笑

ジオウメンバーの成長と演じる俳優さんたちの成長がリンクしてたのも感慨深い。

若者たちが一年頑張ったんだなぁと。

良い作品でした。

 

★オーマフォーム

オーマジオウからオーマジオウライドウォッチを継承して変身します。

この継承シーンがなかなか泣けるんですよ。

ソウゴもあの年齢で両親と死別するという過酷な過去を背負ってますよね。

幼き日の自分を思い出し、なぜ王様になりたかったのかを再確認。

決意を新たにオーマフォームへ!

この映画で一番感動したシーンでした。

 

★平成

平成です。

 

うん。

 

平成。

 

 

 

ここでふざける!?

 

ってことをやってくれます。

 

 

平成…。

 

 

 

 

 

 

 

はい、以上です。

ここ、もっとこうすれば良かったのにという不満はそれなりにあります。

でも、平成ライダーの最終回として良い映画だったというのが自分の感想ですね。

 

私は一度見たらあまり同じ映画をリピートするタイプではないのですが、お金を払ってもう一度映画館で見たいなと思える映画でした。

 

ありがとう平成ライダー

 

バイバイ!