ヒカリ雑貨店!

オーハシトンビが趣味で書いてるブログです。特撮、アニメ、服、おもちゃ、本など紹介していきます。

感想 ジオウ 電王編 後編

こんばんは、オーハシトンビです。

 

二週間ぶりのニチアサでしたね!

長いような、短いような。

大人になると時が経つのを早く感じますよね。

あれはね、年々感動することが減っているからだそうですよ!

子供の頃は未経験のことが多いから感動も大なり小なり多いため、時が経つのを遅く感じるんだとか。

 

まあそんなこんなで、電王編の後半です。

ついにグランドジオウの力を手に入れましたね。

手に入れたばかりの力をオモチャのように試す試す!

相手はボスキャラでも何でもない、アナザー電王。

オーバーキルもいいとこです。ゲームだったら画面にOver killって出てますよ。

ソウゴのああいうとこ、魔王だなと。

 

グランドジオウの変身音。

歴代最長とのことですが、歴代平成ライダーの名前を歌にして読み上げるのを聴いて、ちょっと感動してしまいました。

本当に平成ライダー終わるんだなと。

 

侑斗とも一応和解できたようですが、今回最も気になった言葉。

 

 

「お前、本当に常盤ソウゴなのか?」

 

 

不穏な言葉ですね。

未来のオーマジオウは常盤ソウゴの名を騙る別人なのでしょうか。

謎は深まるばかり。

 

来週は時間の流れが変わって、仲間がソウゴの敵になるような予告でしたね。

 

唯一、正式に継承していないドライブウォッチ(現在ソウゴが持っているドライブウォッチはゲイツがオーマジオウから盗んだもの)は映画でやるみたいですね。

 

物語も終盤。

毎週楽しみですね。

短いですが、この辺で!

バイバイ!

 

 

 

 

なるたき!

こんにちは、オーハシトンビです。

 

ニチアサの無い日曜日って、やっぱりなんか物足りないですよね。

言うなれば、イチゴの乗ってないショートケーキみたいなもんでしょうか。

 

 

感想書けないので、ジオウに出てくるディケイドの話でも。

私、実はディケイドが大好きでして。

放映当時にリアルタイムでDVD集めてました。全部初回盤です。

初回盤の特典として、クウガ〜キバまでの第1話がDVDの各巻に散り散りに収録されてるんですよ。

結構豪華ですよね。

 

ジオウにディケイド=門矢士が準レギュラーのように要所要所出てきますよね。

過去作品の主役がここまでストーリーに絡んでくるって異例であり、ワクワクします。

さらにベルトと強さが完全にバージョンアップしている。

「自分達の知らないところで、ずっと旅を続けてたんだな」と思わせる演出で、初めて見たとき興奮しました。エキサイティングです。

最後には例の説教BGMと共に「通り過がりの仮面ライダーだ!覚えておけ!」の決め台詞を聞かせてくれるんでしょうか。是非聞きたい。

 

異例といえば…ディケイドだけ他と違うところ。

アナザーディケイドが出てきてないんですよね。

ファンとしてはアナザー化したデザインを見てみたいです。

 

ディケイドに続き、ディエンドも出てきましたし、もう一人出て欲しい人物がいます。

 

ユウスケ?夏ミカン?

 

まあ出てくれたらありがたいですが…

 

 

 

 

 

 

鳴滝ですね。

個人的には。

 

ディケイドにいつまでも付きまとい、とりあえず「おのれディケイド」って言い続けてたおじさんです。

最終回に至っても、結局最後まで正体が明かされなかったという。

小説版のディケイドではよくわからない怪人になったりします。興味があったら読んでみてください。

小説は、本編とはかなり違うディケイドという感じです。

 

その後のスーパーヒーロー大戦や昭和ライダー平成ライダーにもやってくる。

昭和対平成のラストで、ディケイドと初めて意見が合うというシーンがあったんで和解したんでしょうか。

おのれ扱いやめてくれたんでしょうか。

 

 

鳴滝さん、お待ちしております。

ディケイド、ジオウの世界にきてますよ!

 

以上、ニチアサの無い日の更新でした。

 

バイバイ!

感想 ジオウ 電王編 前編

俺、参上!

 

オーハシトンビです。

 

電王編、始まりましたね。

 

冒頭からグランドジオウで「先週見逃したっけ?」と思っちゃいました。

 

体の各部のレジェンドライダーにタッチすると、そのライダーが召喚されるという仕組みのようですね。

 

平成ジェネレーションズforeverの時にアナザー電王と戦っているので、そこに言及するかと思いきや、特に触れられませんでしたね。

 

櫻井祐斗を見て、響鬼の京介と間違えるネタはやってくれましたが。

 

そしてデンライナーを修理するおじさん、すごいな!

2019年の人間からすれば、デンライナーなんてオーパーツですよ。

あっさり修理しましたね。

 

そもそもイマジンしか乗ってなかったのは何かあるんでしょうか。

オーナーやナオミちゃんがいないのは大人の事情でしょうね。

 

イマジン達がいると画面が賑やかでいいですね。

生身の役者さんは、どうしても人間である以上、外見は変わってしまう。

それに比べていつまでもあの頃のままのモモタロス達を見ると、なんだか安心してしまいます。

これからも、たまに出てきてドタバタ騒ぎを見せて欲しいなと思います。

 

ジオウトリニティの中にモモタロスが入ってるのも面白かったですね。

ジオウトリニティの運転席(?)の演出、合体ロボの運転席みたいで見てて楽しいです。

 

最後はあっさり電王ウォッチをゲット。

次回は過去に飛ぶのでしょうか。

 

来週はゴルフでジオウの放送はお休みです。

 

グランドジオウが待ち遠しい二週間ですね!!

 

バイバイ!

 

 

 

 

ユニクロ×エンジニアド ガーメンツ

こんにちは。

オーハシトンビです。

 

少し前になりますが、ユニクロ×エンジニアド ガーメンツのポロシャツが発売されましたね。

世間じゃカウズコラボの方が話題になっていますが…。転売で在庫切れが多いみたいですね。

 

そんなことより!

私は、エンジニアドガーメンツコラボの方をオススメします。

良品なのに、そこまで話題になっていないため在庫もあるようです。

今なら問題なく買えますよ。

 

今回、私はひとまず一着買いました。

推しといて一着だけかい!って思われるかもしれませんが。笑

弁解させてもらうと、私も普通のサラリーマンなので、私服着ることそんなにないんですよ!

一時期は服いっぱい買ってましたが、週に二日くらいしか私服着ないから、どうしてもあまり着ない服とか出てくるという。

毎日私服でオフィスに行くとかいう人になんか憧れますね。クリエイティブですね。そんなイメージあります。

クリエイティブです。←言いたいだけ。

 

本題に戻りますが、今回の私のイチオシは

 

 

オーバーサイズポロシャツ 

1990円+税

 

安いですね。

仮にユニクロお得意の週替りセールになっても1290円+税ってとこでしょうか。

豆知識ですが、ユニクロは毎週金曜にセール品が入れ替わります。

2990円の服などは週替りセールで1990円になりがちなので、自分が買ってすぐ1000円引きとかになると、なんだか悔しいですね。

700円だとまあいいか的な。笑

個人的なボーダーです。

 

以下写真。

 

f:id:ohasitonbi:20190608113011j:image

 

f:id:ohasitonbi:20190608114023j:image

 

 

カラーはOliveを買いました。

 

素材はコットン100%で洗い加工されています。

質感はTシャツのように、ガサガサしています。

生地も厚く、しっかりしているため耐久性がありそう。

洗濯しても質感に味が出るのではないでしょうか。

 

厚手のため男性にありがちな乳首透け問題もカバーできます。

できますというか、個人的に色々試した結果、透けませんでした。

あれ、男性から見ても、見たくないなーって感じなので女性には見られたくないですよね。

なので、私はかなりこだわってます。笑

インナーにエアリズムをシャツを着ると更に良いかと思います。暑さ対策もできますし。インナー用のシームレスタイプがオススメです。

 

ブランドコラボだけあって、オーバーサイズのサイズ感も程よいですね。

普段着るサイズで丁度いいオーバーサイズ感が出ます。

この辺は個人の好みもあるので、試着してワンサイズ上げたりも検討してみてはいかがでしょうか。

 

両サイドにスリットがあり、体型隠しにも一役買ってくれます。

 

襟も高めに設定されており、ボタンを開けても下品になりにくいです。

 

胸ポケットもついてますが、最近の大画面スマホだと結構はみ出します。

4インチでギリくらいですかね。

 

最後に個人的な着こなしですが袖をすこーしロールアップすると、こなれ感が出て好きです。

 

f:id:ohasitonbi:20190608114724j:image

 

ちょっぴり腕がたくましく見えます。

 

以上です!

 

今回一着しか買ってませんが、またそのうち買うかも知れません。

夏服をまだ買っていないという方、是非チェックしてみてください。

 

バイバイ!

 

 

 

 

 

 

 

 

感想 仮面ライダージオウ カブト編 後編

こんにちは、オーハシトンビです。

 

ジオウのカブト編、終わりましたね。

 

とりあえず、ウォズギンガファイナリー強いですね!

ジオウの良いところとして、二号ライダーと三号ライダーも強さのインフレに追いついている部分が私は好きですね。

足手まといにならずに、ちゃんと戦闘で一人一役の出番があるというか。

 

ゲイツリバイブの耳血鼻血目血問題はどうなったのかは気になりますね。

体に負担かかるけど、もう体が慣れちゃったんでしょうか。内部から出血とか慣れる慣れないの問題ではない気もしますが。

他にもフォーゼアーマーで宇宙に行ったり、各アーマーを使い分けてる描写は好きです。

 

今までのパターンからカブトの挿入歌(エンディング)流れるのかと思ったらCM明け……ウォズの曲かーい!!

予想の斜め上でした。

 

 

 

終盤での、カメラぐるぐる回しながらの敵味方六人同時変身は良かったですね。

並んで変身というのはよくありますが、カメラワークを活かした同時変身というのは珍しくて新鮮でしたね。

この部分、映像の色合い的にカメラにフィルターかけてたのかな?色味が好きでした。

 

今回のカブト編では、ジオウ達にとってクロックアップがそこまで脅威にはなっていませんでしたね。

ジオウ組三人ともクロックアップ対策できていました。

ただ、めんどくさいこと言わせてもらうとクロックアップって高速移動じゃ対応できないはずなんですよね。

 

体を流れる時間の流れを変える云々で。

ディケイド以降、高速移動で対応されるようになってしまってますが。

ファイズアクセルのような単純な高速移動だと対応できないはず。

例えば、クロックアップ中に電車や車なんかもスローに見えるようなイメージ。

 

クロックアップ中に同じ場所から動かずに戦っても他の人から見えていないような描写もありましたから視認できるかも怪しいような。

カブト系のライダーはタキオン粒子というものを操ってクロックアップを発動してるらしいです。

 

まあ本編でクロックアップ以外の能力でも対応してるんだから対応可能ということでしょう!!

細かいこと気にしちゃダメですね!

 

 

加賀美がカブトに変身しましたね。

賛否あるかと思いますが……

 

私としてはカブトに変身するなら、もう少しお膳立てを上手くやって欲しかったなぁー!という感想です。

 

京介が響鬼になるのはわかります。

弟子だから!素質はあったんでしょう。

 

ただ、カブトとガタックって並列の関係だと思うんですよ。

ライバルみたいな。

カブトはガタックの上位互換じゃないですよね?

 

ガタックで負けて変身解除→カブトゼクター来て変身→結構簡単に勝っちゃう

 

これだとガタックゼクターの立つ瀬ないじゃん!(飛んでるけど)と。

 

ガタックゼクターが壊されて絶体絶命!

だが加賀美はあきらめない!

カブトゼクター参上!

みたいな流れだと納得できたなぁと個人的に思います。

 

 

倒された影山ワームの最期の台詞

 

「お前は俺の兄貴なんかじゃない」

 

これを最初聞いたときに、ワームの中の影山の心が、矢車を敢えて突き放して「俺はいないけど、前に進めよ」っていうメッセージを遺したのかと思ったんですが…違うのかな?

 

単にワーム達の計画破綻して悔しさから来る捨て台詞だったのかな?

 

どっちなんだろう…。

 

 

影山を倒したゲイツの「矢車…すまない」という台詞も印象的でしたね。

こいつ成長したなー!と。

 

 

楽しめました!

 

次回への引きでデンライナー登場!

映画と違う人でアナザー電王また出るんですね。

ゼロノス出るならアナザーゼロノスでも面白そうですよね!

 

次回も楽しみです。

バイバイ!

 

 

 

 

 

 

 

感想 ジオウ カブト編 前編

こんにちは!オーハシトンビです。

 

ジオウのカブト編。

先週から楽しみにしてた方も多いんじゃないでしょうか。

ぼくももちろんその一人です。

 

 

冒頭からいきなりサプライズでしたね。

 

デッ!デデデッ!

いきなりカブトのオープニング演出。

見ていてびっくりしました。

レジェンドライダーのサプライズ演出も色々と趣向を凝らしていて楽しいですね。

 

 

加賀美、影山、矢車登場。

 

加賀美の知ってる渋谷とジオウ組の渋谷の食い違いに関するセリフがありました。

加賀美の知っている渋谷は壊滅状態とのこと。

恐らくカブトの世界とジオウの世界が時空の歪みで混ざってしまったのでしょう。

 

カブト本編では見られなかった、パンチホッパーのクロックアップも見られました。

ぼくの感想として、唯一残念だったのが、クロックアップの表現演出です。

カブト本編ではクロックアップしている側からの視点(周りの世界がスロー再生されているようにゆっくり見える演出)だったのに、今回のジオウではクロックアップしていない側からの視点(クロックアップしている人が速すぎて見えない演出)のみだったのが寂しかったです。

カブト本編の雨や桜がゆっくり舞い落ちる演出が大好きだったので。

来週は見られるといいなぁ、と密かに期待しておきます。

 

 

『地獄兄弟』という名称も初めて本編で呼ばれていました。

加賀美が「地獄兄弟と言ってね…」とか「兄弟じゃない」とか言い出すのは完全にネタ扱いされてて面白かったですね。

 

カブト本編でもキックホッパーとパンチホッパーの誕生って名言されてないんですよね。

加賀美パパが何か知ってる風なセリフを言ったのみで、誰がゼクターを使ったか、誰が二人にゼクターを渡したのかは語られませんでした。

 

アナザーカブトを倒したらキックホッパーが立っていた、というのは今回一番好きなシーンです。かっこいい!!

 

ツクヨミの謎も少しずつ明かされてきてますね。

士はゲストというより準レギュラーと言っても良いくらい重要な役割を担っててディケイド好きな自分としては嬉しいです。

終盤に例のお説教を聞けるのを楽しみにしています。

 

謎と言えば、矢車兄貴がお馴染みの「俺を笑ったか?」という台詞をつぶやきながら川をジャブジャブ歩いてるのが今回最大の謎でしたね。

本当に何をしていたんだ、あの人は。

かっこよさとネタの振り幅が広すぎるのが矢車兄貴です。

 

次回予告にカブトが出ていましたが、誰が変身するのでしょうか。

 

また、カブトといえば劇中でエンディングテーマが印象的に使用されていました。

いわゆる処刑用BGMですね。

FULL FORCE、はたまたROAD OF THE SPEEDは聴けるのか。

ガタックとROAD OF THE SPEEDの組み合わせは少々不吉な予感がしますが…笑

 

次回も楽しみです。

バイバイ!

 

 

感想 ビルドNEW WORLD 仮面ライダークローズ

こんにちは、オーハシトンビです。

 

発売日に仮面ライダークローズのBlu-rayを購入しました。

 

ダイジェスト感想です。

発売して間もない商品なのでネタバレ嫌な人はここでストップしてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

率直に言えば面白かったんですが…

色々と複雑な想いもありまして。

 

 

まず、ぼくはテレビ本編の最終回が本当に良い最終回だったと思うんです。

だからこそ複雑なんです。

これが平成ライダー一期だったら本当に良い終わりでした!

しかし!!

W以降の平成ライダーあるある!

『戦いが終わらない』

テレビ本編が終わっても冬映画やVシネマの都合でまだまだ物語を続けなきゃいけない。

 

 

戦兎達があれだけ苦労して手に入れた平和が、あっという間に壊されます。

本当に束の間の休息。

 

エボルトの兄でブラッド族の王・キルバスが白いパンドラパネルを介して新世界に侵略してきます。

 

 

 

キルバスの目的は自分自身を含め、全てを滅ぼすこと。

とんでもないやつですね。

戦兎のドライバーと蜘蛛型ロボットを奪い、仮面ライダーキルバスに変身します。

露天商をしていた万丈と、前世界の記憶を持った女性・馬渕由依の元にやってきて襲い掛かります。

彼女は前世界で仮面ライダークローズに助けを求めたものの、助けてもらえずファウストに捕まったんだとか。

初期の万丈は確かに自分のことしか考えてなかったですね。

 

そしてエボルト=ブラッドスタークも実は万丈に寄生していて復活!

しぶとい!細胞があれば生き返る!魔人ブウみたいだな。

 

エボルトもキルバスに滅ぼされてはたまらないとかで万丈の味方になり、戦うものの、勝てない。

エボルトはお兄ちゃんのキルバスに一度も勝ったことがないらしいです。

 

そんなピンチにカズミンと幻さん登場。

前世界で人体実験を受けた人間は記憶を取り戻したとのこと。

 

 

紆余曲折あり…

戦兎が万丈とエボルトの夢まぜまぜ…ではなく、力を合わせてパワーアップさせるマッスルギャラクシーフルボトルを開発。

これを使うとクローズエボルになります。

 

最後はVシネマでよくある採石場でクローズエボルとキルバスのバトル。

この辺は実際に映像を見た方が楽しめると思います。

 

というか、エボルトより強いブラッド族の王を一時間でやっつけちゃっていいのか!?

エボルトなんかテレビで一年やっても倒せなかった上にVシネマにまで出てきたのに!とか思っちゃいました。

 

キルバスもブラッド族だし、もしかしたら…もあるかもしれませんね。

 

闘いを終え、エボルトは宇宙へ旅立ちます。

力を蓄えたら地球に戻ってくると宣言して。

 

…せっかく平和になったのに、これでは心が休まらない!!

 

ラストは美空が戦兎に「万丈は?」と問いかけると、戦兎はポツリと「デート」と呟きます。

 

馬渕由依と万丈がいい感じになっちゃってます。

ちょっと戦兎も寂しそうなんですよね。

 

 

 

 

 

 

はい、そんなこんなで次回に続く!

次は仮面ライダーグリス!!

グリスパーフェクトキングダム!

 

ビルド最終章と銘打ってますね。

あと何作か続くのでしょうか。

平成ライダー恒例の小説も出るでしょうね。

ビルド達の物語がどう落ち着くのか楽しみです。

 

 

あとエボルト大好きなんですが、やっぱり悪い奴だなぁーと再認識した作品でした。

以上!

 

バイバイ!